そろそろ気になるお肌に影響を及ぼす紫外線。

紫外線はしわやたるみ、シミ、そばかすの原因になるといわれています。

紫外線量が多いのは太陽が燦燦と照りつける8月がピーク。

でも、5月でも8月の約9割もの紫外線が降り注いでおり、

シミになりやすい紫外線が一番強いのは5月ともいわれているのです!!

“まだ5月だから…”と油断をせず、今からしっかり対策をしたいものです。

 

紫外線対策といえば日焼け止めクリームや日傘、UVケアができる衣類で…確かに、それも大切。

でも、食べ物でも対策ができることをご存じですか?

紫外線に負けないために、からだの中からも気を付けましょう!

 

では、どんなものを食べればいいのでしょう?

キーワードは「赤」!!

赤い食材にはからだの酸化(老化)を防ぐ、抗酸化効果の高い栄養素が含まれているものが多いのです。

 

紫外線対策につながる赤い食材と、おすすめレシピをご紹介してまいります。

★トマト
トマトに豊富に含まれる赤い色素で、強力な抗酸化作用があるといわれるリコピン。
その量はβカロテンの2倍、ビタミンEの100倍以上とも!
生よりも加工品の方がリコピンを吸収しやすいそうなので、
トマトジュースやトマト缶がおすすめです。

【トマトソーススパゲッティ】

★紅鮭
鮭に含まれる赤い色素、アスタキサンチンは強い抗酸化作用を持っているそうで、
紫外線による参加を酸化を防ぎ、肌への影響を抑える作用をするといわれています。

煮もの、蒸しものにすると、多く摂取できるそうですよ!

【鮭と野菜のフライパン蒸し】

 

★赤パプリカ
お肌の美白に良いとされるビタミンCの含有量がトマトの約5倍といわれるピーマン。
そして赤や黄のパプリカはピーマンよりビタミンCが2倍以上多いうえ、
赤パプリカはβカロテンの含有量もピーマンの2倍以上といわれるほどビタミンの宝庫です!

【パプリカの肉詰め】

 

これらの他、スイカやにんじん、いくら、えび、かに、赤唐辛子なども

紫外線対策になるといわれています。

これからの季節、「赤」に注目して食材を選んでみてくださいね。