6月下旬の田植えから、3ヶ月経過しました。
兵四郎米も大詰めです。
いよいよ収穫までは約3週間。
今年はここまで大きな台風の上陸がなく、
害虫対策の農薬を使用していないにもかかわらず
ウンカやカメムシの被害もほとんどないようです。
毎年懸念される高温障害も
梅雨明け後のほどほどの好天と
お盆を過ぎてからの昼夜の寒暖の差が
お米にいい影響を与えていると予想しています。

残りの3週間、有機肥料の効果で
味がさらにのってくると思います。
9月26日②
おいしいお米はスズメも知っているのか
たらふく食べられてしまいました。
これも自然との共生と言っていいのでしょうか?